ピーチ機パンクで福岡空港の滑走路一時閉鎖

 

24日午前8時10分ごろ、福岡市博多区の福岡空港で、関西空港発の格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーション151便が着陸後に前輪のタイヤ2つがパンクして動けなくなり、滑走路が閉鎖された。国土交通省福岡空港事務所などによると、乗客159人、乗員6人にけがはない。約1時間半後、乗客全員がバスでターミナルビルに移動した。

滑走路は午前10時半すぎに使用を再開した。

福岡空港の滑走路から移動する、着陸後にタイヤがパンクしたピーチ・アビエーション機(24日午前10時12分)=共同

福岡空港の滑走路から移動する、着陸後にタイヤがパンクしたピーチ・アビエーション機(24日午前10時12分)

機体はエアバスA320。空港閉鎖で、航空各社には佐賀空港などへ目的地を変更する影響が出た。

ピーチ・アビエーションのホームページによると151便は午前7時5分に関西空港を出発し、同8時25分に福岡空港に到着する予定だった。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です