トランプ氏と金正恩氏、板門店で会談へ

 

 トランプ米大統領と金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が30日午後、韓国と北朝鮮を隔てる軍事境界線上にある板門店で会談する。米韓首脳会談を終え、共同記者会見に臨んだ韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領とトランプ氏が発表した。

 米朝首脳会談は2018年6月のシンガポール、今年2月のハノイに続いて3回目となる。文氏もトランプ氏に同行する。

 朝鮮戦争は1953年に休戦してから、いまも平和協定は結ばれておらず、米韓と北朝鮮は戦争状態にある。南北分断の象徴である板門店で、米軍トップの大統領と北朝鮮の首脳が会うのは初めてだ。

 ハノイでの米朝首脳会談が決裂に終わった後、米朝協議は停滞していた。6月に入り、トランプ氏と正恩氏の間で「親書外交」が再開。29日にトランプ氏が正恩氏に会談を呼びかけると、北朝鮮側も前向きに検討していた。

結果にコミット プライベートジム【RIZAP】

最高級 お酒のお供!ツナ缶の極み 「オーシャンプリンセスツナ」

オルビスのスキンケア化粧品『オルビスユー』

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください