チンギスハン侮辱漫画「下品で低レベル、英雄汚した」

 

モンゴルの英雄チンギスハンの顔に侮辱的な描写を掲載した小学館の漫画誌に対し、元横綱朝青龍をはじめ、在日モンゴル人やモンゴル大使館が「非礼」と抗議。3月初め、小学館は掲載号の書店販売を中止しました。

モンゴルの人たちは、この漫画表現にどんな思いを感じたのでしょうか。日本で活動する中国・内モンゴル自治区出身の写真家、アラタンホヤガさんが執筆します。

———-

最初は何かの間違い、誰かのいたずらかと思った

2月、私は義母の入院で急に中国の内モンゴルへ戻った。その後、義母の容態が落ち着いてきた。ちょうど旧正月でもあり、私は実家から1000キロ離れた内モンゴル北東部に位置するフルンボイル草原まで、モンゴル族ブリヤート人の正月行事を取材するため、出かけた。

滞在中のある日、中国版SNSのWeChatに日本語の記事が流されていることに気づいた。しかし、奥地でネット環境が悪くてそのときは内容を確認できなかった。2日後、フルンボイルの中心ハイラル市に戻った際、ようやく読むことができた。

そこには目を疑う内容が書かれていた。それは小学館が発行する「コロコロコミック」(2018年3月号)に掲載されたギャグマンガ「やりすぎ!!!イタズラくん」でチンギスハンを侮辱した描写があったという内容に抗議する日本語とモンゴル語の記事だった。

最初は何かの間違いか、あるいは誰かのいたずらかと思い、Yahoo!JAPANを検索してみた。するとその記事と関連する記事がたくさん出てきた。本当にショックだった。

なぜなら、私たちモンゴル人は日本や日本人に対して、非常に親近感をもち、勉強熱心さ、勤勉さ、真面目さ、ものづくりの素晴らしさなどに尊敬を持っているからだ。このことは言うまでもない。

日本のアニメはモンゴル国や私の出身である中国内モンゴル自治区でも高い人気がある。私も小学生の時、「一休さん」のアニメが大好きだったし、母たちが「おしん」のドラマをみて泣いている様子を何度も見た記憶がある。

しかし、そんなイメージを抱いていた日本でこのような漫画が、大衆に対して堂々と出版され、そして受け入れられたことが、多くのモンゴル人のみならず、世界中のチンギスハンを尊敬し、神様として崇めている人たちにとって何よりも悲しいことだった。

モンゴル人にとって「永遠の神様」

モンゴル人にとってチンギスハンは、単なる過去の英雄ではなく、精神的な支えであり、永遠の神様であり、心の中で永遠に生きている存在だ。内モンゴルのモンゴル人の家には必ずチンギスハンの肖像画が高いところに飾られ、大切に祀られている。私も日本に来るとき、重かったが銅版を持ってきて、今も飾っている。

また、チンギスハンに関連する多くの行事や口承伝説、歌なども残っている。現在も日常生活の物事や議論などでチンギスハンの名言や定めを引用する場面が多く見られる。

私は幼い頃、父にチンギスハンの物語を聞いて育った。父は内モンゴル南部オルドス地方のチンギスハン霊廟を代々祀ってきたタルハッド一族の出身で、熱心なモンゴル語の教育者だった。

小学生になってからは子供向け月刊誌『チョモルリグ』(日本語ではつぼみの意味)に掲載されていた歴史小説『フヘ・ソドル』を基にした漫画を何回も読んでいた。モンゴル人作家インジナシ(1837~1892年)が、チンギスハンから次代オゴディハンまでの歴史を著した内容だった。そのため、チンギスハンはすごい英雄だなあと思うようになった。

だが、モンゴル人にとって英雄であるチンギスハンも、他国の歴史観からは異なる評価を受けることがある。ソビエト時代のモンゴル国では、チンギスハンは侵略者であり残酷な殺略者として批判されていた歴史もあった。その時代のモンゴル人は彼の名を口にすることすら恐れたという。

しかし現在のモンゴル国はもちろん、中国もチンギスハンを英雄として讃えるようになった。特に中国ではチンギスハンは中華民族の誇り高い英雄として、ニュースや雑誌などにもよく取り上げられ、数多くの映画やドラマが製作されている。

2017年にオルドスの裁判所が、チンギスハンの肖像を踏みにじる動画をSNSに流した一人の青年に対し、チンギスハンを侮辱し、多くのモンゴル人の心を傷つけたとして、一年の実刑判決を言い渡したことは記憶に新しい。

私たち内モンゴル自治区のモンゴル人は、チンギスハンはあくまでもモンゴル人であり、そうした中華民族の英雄扱いと異なる考えを持っているのも事実だ。だが、この判決は「中国当局がモンゴル人の感情に配慮した」と好意的に受け止められた。

チンギスハンはモンゴル国や内モンゴルだけではなく、ロシア連邦のブリヤート共和国やカルムイク共和国といった広範囲に散らばっているモンゴル民族でも先祖として崇拝されている。チンギスハンの活動によって、今日のモンゴル人が共通のアイディンティーをもち、一つの民族として、自分たちの文化を育み、歴史の中に生きていると言っても過言でない。

世界史をみても、チンギスハンはおそらく最も重要な人物のひとりだろう。チンギスハンは当時のユーラシアの貿易を促し、文化、宗教など多くの分野において、広範囲にグローバル化を実現し、人類史で重要な貢献をしたことは異論の余地がない事実だ。

言論は社会、歴史、未来に対して責任がある

このように敬愛されているチンギスハンに侮辱的な落書きをしたことは、モンゴル人には到底許されない。当時、東京にいるモンゴルの人々が集まり、抗議活動を行ったが、彼らの行動は冷静的、かつ友好的な範囲だったように感じている。私は取材で内モンゴルにいたため、参加できなかったが、彼らは小学館へ抗議する際も、日本の法律を守り、抗議文の言葉遣いも日本国民の感情を尊重したものだった。

この問題に対しては、言論の自由を前提に問題がないとする人も多く、賛否両論あるのは知っている。しかし、私は少し違う見解を持っている。

今まで、小学館は小学生向けの雑誌を取り扱い、教育関係を重視する出版社だと思ってきた。私も日本語の勉強を始めた頃から小学館の日本語辞典をよく愛用していた。日本の教育に多大な貢献と信頼がある出版社が、このように無責任で下品な漫画を出版するとはとても理解し難い。日本の学校で、小学生が教科書にこのようないたずらな落書きをしたら、必ず先生に叱られるという低レベルの話と言うしかない。この漫画ではチンギスハンだけではなく、アインシュタインなど世界に知られる著名人が多数、不適切な描写の対象になっていた。

民主国家において、自由は全ての基本であることは間違いない。ただ、その自由は法律、道徳、モラルなどをも前提にすべきで、言論はその社会、歴史、未来に対して、責任があるものでなければいけない。今回の件は単なる日本国内の漫画の一描写ではなく、モンゴル民族の感情を激しく傷つけ、失望させた。その件に関して当事者だけでなく、社会全体が真剣に考え、反省するべきではないかと感じている。

———-

アラタンホヤガ(ALATENGHUYIGA)
1977年 内モンゴル生まれ
2001年 来日
2013年 日本写真芸術専門学校卒業
国内では『草原に生きるー内モンゴル・遊牧民の今日』、『遊牧民の肖像』と題した個展や写真雑誌で活動。中国少数民族写真家受賞作品展など中国でも作品を発表している。
主な受賞:2013年度三木淳賞奨励賞、同フォトプレミオ入賞、2015年第1回中国少数民族写真家賞入賞、2017年第2回中国少数民族写真家賞入賞など。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です