スプリント・Tモバイル合併

 

(写真上から時計回りに)ソフトバンクグループ、スプリント、Tモバイルのロゴソフトバンクグループ、スプリント、Tモバイルのロゴ

 

米連邦通信委員会(FCC)のパイ委員長は20日、ソフトバンクグループ傘下で米携帯4位のスプリントと同3位TモバイルUSの合併申請を承認する方針を示した。全米で次世代通信規格「5G」への対応を強化する中で、合併を認可することで通信網の整備を着実に進める。ただ、合併実現には米司法省の認可も必要となる。

FCCのパイ委員長は20日に声明を発表。この中で「Tモバイルとスプリントの重要課題は、農村地域におけるデジタル普及の格差解消と、米国の5G対応を進めることだ。今回の声明は両者の目的をかなり前に進めることになるだろう」と強調した。

最近、米メディアでは米司法省とFCCが承認に難色を示しているとの報道が相次いでいた。FCCが単独で認可の声明を出すことは異例で、今後は司法省の判断が焦点となる。

結果にコミット プライベートジム【RIZAP】

最高級 お酒のお供!ツナ缶の極み 「オーシャンプリンセスツナ」

オルビスのスキンケア化粧品『オルビスユー』

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください