スターバックスコーヒー川越、純和風の内装

 

 スターバックス コーヒー ジャパンは、19日にオープンする「スターバックス コーヒー 川越鐘つき通り店」の報道向け事前公開を実施した。

埼玉県川越市は、江戸時代の城下の面影を残す木造の塔「時の鐘」の周囲に当時の風情が感じられる蔵造りの街並みが残り、“小江戸川越”とも呼ばれ、都心からのアクセスもよく、国内外からの観光客に人気のスポットとなっている。「鐘つき通り」は、川越のシンボル「時の鐘」前の、土産物屋などが立ち並ぶもっとも観光客が連なる通り。

公開当日はオープン前だったが、外観はすでに完成しているため、建物前では観光客が記念写真を撮るなど、すでに格好のフォトスポットとなっていた。スターバックス コーヒー ジャパンでは、現時点で国内にコーヒーチェーンとして最多の約1300店を構えている。川越にはすでに2店舗が出店していて、3店舗目となる。

スターバックス コーヒー 川越鐘つき通り店

住所:埼玉県川越市幸町15-18
開店日:2018年3月19日
営業時間:8時~20時
店舗面積:約219m2
席数:77席(店内56、テラス21)

川越鐘つき通り店は、「時の鐘」のほど近くにあり、外観は蔵造りの街並みに合わせた純和風のデザインで作られている。通常の都市部にあるスターバックス店舗のデザインとはまったく異なり、これだけでも見応えがある作り。既存建物の改装ではなく、すべて新築で作られている。通りに面した部分は埼玉県産の杉材を使って木造の趣だが、建物の構造的には鉄骨を使っている。鉄骨造りを選ぶことで、内部には柱のない広いモダンな空間を創り出している。店舗面積は219m2(66坪)と広く余裕のある店内だ。

「スターバックス コーヒー 川越鐘つき通り店」は、シンボルと言える「時の鐘」のすぐ近くにある。写真中央に見えるのが川越鐘つき通り店。奥の塔が時の鐘

「スターバックス コーヒー 川越鐘つき通り店」外観を南西から見る。周囲の建物に溶け込む和風デザイン

「スターバックス コーヒー 川越鐘つき通り店」外観正面。奥にある庭園が見とおせる切り妻屋根の棟の瓦は立派な作り

店内に入ると、一変して落ち着いたモダンな雰囲気に包まれる。外からは2階建てに見えるが、2階のように見える部分は採光窓になっていて、内部構造は天井の高い平屋の作り。奥に長く、庭園が見える採光窓が大きく明るいので、おのずとそこに目がいく作りになっている。さながらリゾートホテルのエントランスのようだ。席数は77席で、ゆったりと落ち着ける余裕が十分にある。

川越市では文化財や景観保護を目的とした条例があり、なかでも川越市川越伝統的建造物群保存地区保存計画の「まちづくりガイドライン」などに基づいて、建物や棟の配置では「自然採光が受けられるよう棟は細く長く」や「四間・四間・四間のルール」を守ったとするデザインが見受けられる。

「スターバックス コーヒー 川越鐘つき通り店」店内。注文カウンターフードコーナー

店舗奥へと進む。左手に中庭が見える

店舗の一番奥が複数人でくつろぐスペース。奥に庭園が望め明るく開放的な空間

特徴の一つは、店舗中央付近に設けられた屋根のある中庭。完全に外となるが、塀と屋根に囲まれていて、外と室内の中間のような雰囲気。落ち着いた空間なので、外向きのベンチに座って庭木を愛でながら「時の鐘」の音を聞く、という楽しみ方もあるだろう。喫煙席ではないので注意したい。

内装では、江戸の白漆喰や黒漆喰をイメージした塗りが施された部分や、木製のベンチシートの背もたれ部に、川越で江戸時代から使われている織物「川越唐桟(とうざん)」を背あてとしてあしらうなど、ディテールにもこだわっている。

店舗中央部分の中庭に出たところ。屋根があり雨でも利用できる。構造的に庭園ともつながっているのだが、通り抜けは禁止よく見ると小さなミツバチが描かれている。籠目というコーヒーチェリーを入れるカゴをイメージした文様を描いている

店舗の最も奥には、大きな日本庭園も設けられている。梅や桜をはじめ、川越の庭園には欠かせないとされる柊など、さまざまな木々が植えられ、枯山水風の部分や鹿威しをイメージした水場も設けられた本格的な庭園。四季折々の風情が楽しめる。安行の庭師、元木氏の手によるものとのこと。庭園と店舗を挟んで大きめのテラス席も設けられていて、天気のよい日には外で庭園を眺めながらくつろぐことができる。

なお庭園は散策ができる作りになっているが、通常は立ち入ることはできないので注意してほしい。取材日には特別に許可を得て庭園側から撮影している。近隣は住宅も隣接していることもあり、常時出られるとは限らない。

店舗を紹介した、スターバックス コーヒー ジャパン 店舗開発本部 店舗開発部 北日本グループの泉聡敦(あきのぶ)氏は、「川越にはすでに2店舗あり、スターバックス自体はなじんでいただいていると感じていますが、これからはさらに地域に溶け込んでいこうと、住宅地や市民の方々が集う場所に出店することを考えました。川越の小江戸、純粋にここに出したいなという思いからのスタートです。ただ、物件がなかなかありませんでした。出てきても、江戸時代の旧家で、これらはなかなかハードルが高い状態でした。

この約240坪の広い土地は元眼科の空き家で、ここを川越市の米穀卸、イトーセーブさまが地元川越に何か恩返しがしたいと購入されていた状態でした。この鐘つき通り近辺は休憩スペースが少なく、地元の方々を含め集える場所をと考えていたところで、2年前にわれわれを選んでいただいたというのが出店の経緯になっています。

保存地域内なので、勝手には建物を建築できません。川越市の街並み委員会にあいさつに行き、建築に関するルールを勉強しながら、こういったデザインになりました。川越の様式は守ったうえで、鉄骨造になっています。防災や柱のない広いスペースを得るためです。新しい川越様式を見せるということで、快く了解いただきました。ここからがスタートですので、ぜひご来店いただければと思います」と出店の経緯などを説明した。

また、スターバックス コーヒー ジャパン 川越鐘つき通り店 ストアマネージャーの須田尚子氏は、「とても高級感あるデザインの店舗ですが、敷居を高く感じずに、気軽に利用してもらえればと思います。観光で利用される方々ばかりでなく、川越の方々にサードプレイスとしてくつろいでいただけるスペースになれればと思います」とあいさつした。

川越へは、JR川越線、西武新宿線、東武東上線が利用でき、都心からのアクセスはとても良好。海外からの観光客も目立つ。鐘つき通り周辺までは、駅から2km弱ほどの距離があり、散策がてら歩けない距離ではないが、東武バスの1日フリー乗車券300円で路線バスと名所めぐりバスのどちらにも乗れる「小江戸名所めぐりバス」か、イーグルバスの1日フリー乗車券500円でボンネットバスに乗れる「小江戸巡回バス」のチケットを購入(どちらもバス車内などで購入可)して活用すると便利だ。

時の鐘周辺の蔵のまちエリアは、それほど広いエリアではないが、少し離れた場所に「大正浪漫夢通り」という商店街や、縁結びの神様で人気の川越氷川神社、喜多院(川越大師)などと見どころも多い。川越氷川神社裏手には桜並木も広がっているので、ぜひ春の行楽でも楽しんでみてほしい。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です