サトノダイヤモンドが金鯱賞で復帰

3/11(日)は中山・阪神・中京の3場開催。11日の天候は中山が曇りのち晴れ、阪神と中京が晴れの予報となっている。

■サトノダイヤモンドが金鯱賞で復帰
中京11Rは金鯱賞(GII)。2016年の菊花賞・有馬記念を制したサトノダイヤモンドがここで復帰する。昨年のダービー2着馬スワーヴリチャードや、このレースの変則3連覇を狙うヤマカツエースといった有力馬相手にどんな競馬を見せてくれるか。

■阪神では桜花賞トライアル・フィリーズレビュー
阪神11Rはフィリーズレビュー(GII)。1〜3着馬に桜花賞の優先出走権が与えられるトライアルレースだ。前日時点では、紅梅Sを快勝したモルトアレグロが1番人気。これに無傷の2連勝を飾っているアンコールプリュや、3連勝中のアンヴァルが続いている。

■中山11R・アネモネSにハーレムラインなど
中山でも11Rに桜花賞出走をかけた一戦・アネモネS(OP)が行われる。こちらは2着馬までに桜花賞の優先出走権が与えられる。連勝中のハーレムラインや、骨折明けも未勝利戦・サフラン賞と連勝していたレッドレグナントなどが人気になりそうだ。

■兵庫の大山真吾騎手が中央参戦
兵庫の大山真吾騎手が中央に参戦。フィリーズレビューに出走の地方馬スウォナーレなど、阪神で4鞍に騎乗予定となっている。

■伊藤工真騎手が障害レース2度目の騎乗
2月17日の障害未勝利で障害レース初騎乗(オシノイッテ・競走中止)となった伊藤工真騎手。本日は中京4Rでキズナエンドレスに騎乗する。伊藤騎手は同馬とのコンビで2勝(平地の未勝利・500万)を挙げているが、人馬ともに障害初勝利となるか。

■中京10R・昇竜Sにイダペガサスなど
中京10Rはダート1400mの昇竜S(OP)。無傷2連勝のイダペガサスや、先日この世を去ったサウスヴィグラス産駒のタマモアモーレ、未勝利・500万と連勝中のマニクールなどが出走する。

■中山10R・東風Sにシュウジなどが登場
中山10Rは芝1600mのオープン特別、東風S(OP)。重賞2勝の実績があるシュウジや、昨年のダービー卿CT以来の勝利を目指すロジチャリスなどが出走する。

■“3代目”ヒシマサルが阪神で出走
阪神9R・淡路特別(1000万)にヒシマサルが出走。先日、1989年生まれの“2代目”ヒシマサル(ヒシマサルIIとも表記される)が老衰のために死亡したというニュースが流れたが、弔いの勝利を果たせるか。

■佐賀では、はがくれ大賞典が開催
佐賀競馬場では17時45分にはがくれ大賞典(S1・地方全国交流)が行われる。地元の雄キョウワカイザーや、兵庫から参戦のエイシンニシパ、3走前の九州オールカマーでキョウワカイザーを破ったキングプライドなどが出走する。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です