カーリング LS北見、地元・北海道北見市で街頭パレード

 

 平昌冬季五輪のカーリング競技で、男女通じて五輪初メダルの銅メダルを獲得した女子日本代表「LS北見」の選手たちが21日、地元の北海道北見市で街頭パレードと市民報告会に臨み、多くの人々から祝福を受けた。

 パレードの舞台となった市内の商店街には「LS北見 銅メダルおめでとう」といった看板や掲示物が貼り出され、待ちわびた大勢の市民やファンらが駆け付けた。この日は最低気温が氷点下13度と厳しい冷え込みとなったが、地元出身のヒロイン5人の姿を見ようと沿道を埋め尽くした。

 主将の本橋麻里選手やスキップの藤沢五月選手らチームメンバーが到着すると、大きな拍手が湧き上がり、「マリリン(本橋選手)おめでとう」「さっちゃん(藤沢選手)ありがとう」といったねぎらいの声が送られた。

 司会が「パレードをスタートしますよ」と呼びかけると、観衆が「そだねー!」と応え、選手たちの乗った車両が移動を開始。選手たちは笑顔で手を振りながら、大歓声に応えていた。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です