アクアラインを239キロで走行容疑

 

東京湾アクアラインでバイクを時速239キロで運転したとして、千葉県警は23日、同県柏市の会社員の男性(33)を道路交通法違反(速度超過)の疑いで千葉地検に書類送検し、発表した。ハンドルに小型カメラをつけてスピードメーターを撮影し、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開していたという。

高速隊によると、男性は昨年5月24日午前3時50分ごろ、同県木更津市の東京湾アクアラインの上り線で、指定最高速度の時速80キロを159キロ超える時速239キロでバイクを運転した疑いがある。バイクは国内では希少なイギリス製の「トライアンフデイトナ675SE」で排気量約670cc。速度抑止機能(リミッター)はなかったという。

男性が公開した動画で、スピードメーターは最高で時速279キロを示していた。「最高速度にチャレンジする動画で、閲覧者から高評価を得たかった」と供述しているという。同隊は匿名の情報提供を受けて動画を確認し、捜査していた。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です