『ニンジャバットマン』トークショーオフィシャルレポートが到着!

 

3月25日(日)に開催された「AnimeJapan 2018」にて、キャットウーマン役の加隈亜衣、音響監督の岩浪美和による本作の魅力や本作設定の特別音響について語りつくすトークイベントが開催された。

朝から大賑わいを見せる AnimeJapan2018 の会場は早くも熱気に包まれており、MC の杉山すぴ豊が登場すると今かと 待ちわびたファンから熱い視線がステージ上に注がれた。大きな拍手に包まれ、キャットウーマン役の加隈亜衣と、音響監督の 岩浪美和が登場。早速杉山から”カリスマ音響監督”と言われ、「カリスマはやめてください」と照れる一面も。

キャットウーマンを意識した黒のシックなワンピース姿で登場した加隈も興奮した様子でファンからの声援にこたえ、岩波も「他のステージに行かな くてよかったと思えるような特別映像も用意しているので!」と、集まったファンに感謝しながらも笑顔を見せた。 予告映像の前に、メインビジュアルに対して岩浪から「ニンジャじゃなくて戦国武将じゃないか!」という鋭い指摘に会場は爆 笑。「でも安心してください。ちゃんとニンジャなんです」というフォローが岩浪からされ、ファンは興味津々な様子だった。

日本が世界に放つ迫力の映像を制作し、最近では「ポプテピピック」でも大きな話題となっている神風動画をはじめ、キャラクタ ーデザインに岡崎能士、脚本には劇団☆新感線の中島かずき、他にも人気・実力ともにトップクラスのメンバーが集結している 本作について、岩浪が「世界よ、これがエンターテインメントだという作品になっている」と語った。 加隈からも「CM 見ました?あれはすごかった!」と同じ神風動画制作のポプテピピックとのコラボ CM についての話が飛び出し、多くの観客が笑顔でうなずいていた。

山寺宏一、高木渉を始めとした豪華キャストについて話が及ぶと、”最高にアダルト& セクシーなキャスト”だといわれて、加隈に対して観客から大きな拍手が。加隈は「私よりもセクシーボイスな(田中)敦子さん がいるので、恥ずかしい!」と照れていたが、本作のキャスティングについては岩波も最高だったと納得の表情だった。バットマン を演じた山寺の声はやや低めでまさに”バットマンボイス”だったという。

一方で、ジョーカー役の高木については「好きにやっていま したね。楽しそうだった」とのこと。さらにゴリラ・グロッド役の子安について岩浪は「子安さんが『ビースト・ウォーズ』に続いてゴリラの ような役をやるっていうのは、キャストが決まった時に絶対突っ込まれると思っていた」と、自身による配役ではないと、狙ったこと を否定。その一方で、「ゴリラ・グロッドはすごくいいセリフがある。これ絶対ビースト(・ウォーズ)だろ!というセリフがある」と期 待してほしいことも明かしてくれた

今回制作を行った神風動画について、「今はジョジョやポプテピピックで有名だが、EXILE や安室奈美恵さんなどアーティストの PV や、ロックマン、ドラゴンクエスト、ファイナル・ファンタジーなどのゲームの映像をやっていて、あまり名前が表に出てくることはな くても皆さんがどこかで知らないうちに絶対に見たことがあるっていうものを作っている。それが今回満を持して初めて長編オリジ ナル作品が完成したんです」と岩浪が語り、神風動画のポリシーとして”妥協は死”という言葉があることを明かしてくれた。その 言葉通りの本気精神で作られた作品について「本来、CG 映像というものは画面が冷たい感じになりがちなんだけど、本作は 熱い!ジョジョの時もすげーなと思ったけど、今回はさらに熱い映像になっている」とこれまでのアニメ映画とは一線を画す作品と なっていることが語られた。

また、AnimeJapan2018 の会場限定で初めて本編の冒頭部分が公開され、過去から世紀の歴史改変を企てるジョーカー 率いる最狂の悪党一味を紹介するシーンでは、日本の祭り“ねぶた”を模したデザインも含んだ迫力ある映像となっており来場 者からの大きな拍手が。映像を見終わった加隈は「バットマン関係なく面白い!」と大興奮。「バットマンの知識がなくても十分 楽しめる。エンターテインメントとして楽しい」と純粋に作品を楽しんでいた。杉山からも「ジョーカーが第六天魔王(織田信 長)になってて、デスストロークというキャラは片目のキャラなんだけど、戦国武将で隻眼というと伊達政宗、ゴリラ・グロッドは猿 だから、武将で言うとあの有名な歴史人物?…と配役についても深く考えられているんだよね」とアニメファンはもちろんのこと、 アメコミファンや歴史ファンも大満足で楽しめると説明すると、「脚本の中島さんから聞いたんだけど、ジョーカーが支配する町だ から”城下町(ジョーカマチ)”になっているんだよね」と急なオヤジギャグに会場は大爆笑。実は、現在アメリカのアナハイムで 開催されている世界的なイベント、ワンダーコンに参加しているという中島からも、昨夜行われたイベントで世界中から駆け付け た約 4000 人近くのファンの前で同様のエピソードも披露されているだろうとのこと。それに対し加隈は「これアメリカ人に通じる んですかね?」と首をかしげながらも「一緒にレッドカーペットを歩きたかった!なんで呼ばれてないんだろう」と岩浪と一緒に悔し がっていた。

音響の話になると、加隈はアフレコ時のことを思い出しながら、「とにかく頑張りました。何が大変だったって、他のみんなが熱す ぎて負けないようにっていうのが精神的に大変で。セリフ回しが独特だし、世界観がかっこいいと思ってたら、意外におバカなとこ もあって、(クールな役なので)キャットウーマンとしてどう応えたらいいのかわからなくなりそうでした。(笑)ほんとブッ飛び加減がす ごいんです。見終わった後の高揚感とかすごいので、本当にみんなで見てほしいですね。デートで見ても失敗はないです!」と いうと、岩浪も「アニメファン、特撮ファン、映画ファン、アメコミファンみんな見れる」と幅広い層が楽しめることをアピールしつつ、 「僕のことを『ガールズ&パンツァー』で知っている人も多いと思うけれど、今回も特別音響をやります!僕が劇場に設定に行っ てきます」と、世界で初めて本作のための特別音響『時空震(じくうしん)サウンド』が劇場で設定されることが明かされた。「ぜひ 映画館の大きなスクリーンで観て、その後にブルーレイで加隈さんの声を何度も楽しんでください」とファンに熱く語った。劇場に よっては、時空震サウンドにくわえ、上下左右前後 360 度の立体的な音響を体感できるドルビーアトモスでの上映も決定。 ここで、さらに特別に、その圧倒的映像美と驚異の展開を誰よりも早く体感すべく、アニメジャパン参加者だけに特別に日本で 初めて冒頭映像が上映された。観客だけでなく加隈も岩浪も「映像だけでなく、菅野祐悟さんの音楽もかっこいい!」と見入 っていた。

会場には、早くもニンジャバットマンのコスプレをしたファンも駆けつけており、杉山も「コスプレしがいのあるキャラクターが満載なん ですよね」とファンの反応に期待。 最後に、岩浪が「特別音響で見れるのは日本だけです。ぜひお楽しみに。時空震サウンドもよろしく!」と、加隈は「子供から 大人までだけでなく、日本でも海外でも楽しめるエンタメ作品です。アメコミの知識がなくても、歴史に詳しくなくても楽しめま す。6 月 15 日から映画館で公開となるので、映画館の大スクリーンで見てください!そして、みなさんの感想を楽しみにしてい ます!」と語り、イベントは大盛況のうちに終了した。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です