『いだてん』池波志乃 出演 ビートたけしと夫婦役

 

古今亭志ん生(5代目)の孫で、俳優の中尾彬の妻でもある女優の池波志乃が、来年NHKで放送予定の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』に出演することが30日、明らかになった。実の祖母・美濃部りん(おりん)役で出演をオファーされ、「思うところあって、20年近く休業していた女優をやらせていただく決意をしました」と話している。

同ドラマは、『あまちゃん』の宮藤官九郎が脚本を担当。1960年、東京。明治から大正、昭和を生きた希代の落語家・古今亭志ん生が気まぐれにテレビ寄席でしゃべりだした落語『東京オリムピック』として、ドラマの主役・金栗四三(中村勘九郎)と田畑政治(阿部サダヲ)が繰り広げるオリンピック物語を笑いと涙で語り、描いていく。

志ん生役には、ビートたけしの出演がすでに発表されていたが、池波が演じるおりんは志ん生の妻。ドラマでは、鳴かず飛ばずの志ん生の才能を信じ、極貧生活を支えながら、“おかみさん”として、奔放な夫と賑やかな弟子たちを微笑ましく見守る役どころ。

落語の神様を祖父に持つ池波は、過去に祖母の半生を演じたことがあり、「35年前にも演じていますが、若い時の祖母は私にとっても想像の人物でした。今回は今の私と同世代、その頃の“りん”は子ども心にもはっきり覚えています」と感慨もひとしお。さらに、「何より楽しみなのは、容姿以外はある意味そっくりな(?)、最高の“志ん生”ビートたけしさんと共演できること! 噺家のおかみさんとして、家族や弟子たちを下町の家で守ります」と意気込んでいる。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です