「2018年度 KEIRIN 新CM発表会」にオードリーの2人が登場

2018年度 KEIRIN新CM発表会オードリー(若林正恭 春日俊彰) 高橋朋惠(競輪選手)

 

人気お笑いコンビ・オー乱用する怪人に悩まされている若林を春日が扮する「ミスターK」が救い出すというもの。

「春日史上、一番いいCMなんじゃないかな。歴史に残る代表作になりましたね」と春日は自画自賛。すると、「今回もマスクをかぶっている時間が長くて、あんまり春日の素顔が出てないんだけどね」と、すかさず若林が冷や水をかけるトークを展開。

「トゥースとかアパとか、あなたが言ってるのも横文字じゃないですか」と若林が春日に突っ込むと、「いや、横文字じゃないですね。トゥースは闘うオスという意味。私の中では漢字で言っている。アパは阿佐ケ谷の阿に波ですね。唯一好きな横文字はKEIRINですかね。ハハハハハ」と、大声でけむに巻いた。

今回の発表会では新CMの他に、WEB限定で制作された「カスカス競輪ダンス」も初披露。春日とともにダンス動画に出演しているガールズ競輪の高橋朋恵選手(写真右)も参加して多いに盛り上がった。

ちなみに「カスカス競輪ダンス」は、競輪情報サイト「けいりんマルシェ」で限定公開。オードリーの新CM効果で、競輪の楽しさの輪が日本中に広がっていきそうだ。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です