「即位の礼」新天皇の即位に伴う儀式 19年10月22日

 

 政府は30日、天皇陛下の退位や新天皇の即位に伴う儀式の準備委員会の第3回会合を開き、儀式の概要を定めた基本方針をまとめた。2019年5月1日に即位する皇太子さまの「即位の礼」で、即位を国内外に公式に宣言する儀式を19年10月22日に開く。皇位継承の儀式に女性皇族は参列しない。各儀式の詳細を決める首相がトップの委員会を今秋に設ける。

天皇陛下の退位や即位に関する儀式の準備委員会であいさつする菅官房長官(右端)=30日午前、首相官邸

基本方針は4月3日に閣議決定する。即位の礼は1989年の平成の代替わりの例を踏襲し、5つの儀式で構成する。即位を公式に示す「即位礼正殿の儀」を19年10月22日に催す。同じ日に新天皇がオープンカーで祝福を受ける「祝賀御列の儀」がある。即位を祝う祝宴「饗宴の儀」は同日かそれ以降にする。

皇位継承の証しである剣などを新天皇に引き継ぐ「剣璽等承継の儀」は即位日の19年5月1日に開き、女性皇族は前例にならい出席しない。承継の儀の後、同じ日に新天皇が即位後に初めて三権の長らに会う「即位後朝見の儀」をする。

これら即位の礼の5つの儀式は前回にならい、いずれも憲法上の国事行為に位置づける。国事行為にするための閣議決定は19年5月1日かそれ以降を想定する。

各儀式の詳細を決める首相がトップの「退位や即位に伴う式典委員会(仮称)」を今秋に内閣につくる。関係閣僚や内閣官房幹部が参加する。各府省庁の事務的な準備を統括する官房長官がトップの「同式典実施連絡本部(仮称)」も今秋に内閣府に置く。各府省庁の次官らがメンバーとなる。

新天皇が即位後に初めて国民の安寧などを祈る「大嘗祭(だいじょうさい)」は19年11月14日から15日にかけて開く。皇室行事として公費を支出した前例に沿う。即位の礼に参列した外国の元首などに謝意を示す首相夫妻主催の晩さん会は19年10月23日にする。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です