「卒業バカメンタリー」最終回ジャニーズWESTの藤井流星&濱田崇裕

 

 ジャニーズWESTの藤井流星&濱田崇裕のW主演で放送中の「卒業バカメンタリー」(毎週月曜夜0:59-1:29、日本テレビ)が3月26日(月)深夜に最終回を迎える。

本作は、エリート大学で勉強ばかりしてきたガク(藤井)、マオ(濱田)、コウキ(前田航基)、ジュン(吉田靖直)の4人組が、大学卒業を目前に「非モテを卒業しよう!」と決意し、奮闘する姿を描くドキュメンタリー風青春ドラマ。

この作品に出演するコウキ役の前田航基が、ザテレビジョンだけに撮影裏話や物語の見どころを語る短期集中連載「バカメン日誌」も今回でラスト。最後まで、余すところなく“バカメン愛”をお届けします!

バカメン日誌・第4回、スタート!

こんにちは。コウキ役の前田航基です。いよいよ最終回となってしまいました。寂しいですが、皆さんには4人の頑張る姿を見守ってもらえたらうれしいです!

楽しい鍋のシーンのはずが、現場に悲しい空気が…

まずは、9話(3月19日放送)の思い出を。部室で鍋を食べるシーンがあるんですけど、あそこは、誰も“卒業”していない中で「でも楽しかったよな」っていうちょっとした打ち上げ的な意味合いもある場面でした。

あのシーンは最後の方に撮ったこともあって、「ああ、ドラマが終わりに向かって行ってるんだ」という“作品の卒業”と重なって、僕自身すごいウルッと来てしまいました。

今までずっと楽しく面白く突っ走ってきたから、僕だけじゃなくて、皆さんが寂しさを感じられていて、初めて現場に悲しい空気が流れました。また、こたつを囲んでいるっていうシチュエーションも良くて、距離感と切なさがたまらなかったです。

撮影を通して大変だったことは?

「大変だったことは?」と聞かれて思い出すのは、やっぱりせりふです。1日で1話を撮り切るペースで撮影していくので、なかなか入れたことのないスピードでインプットとアウトプットをしました。

丸一日撮影して、終わってから、その日覚えた分のせりふを頭からガッと消して、次の日、さらに次の日ぐらいまで予習するっていうのを繰り返していました。

でも、逆に、そのテンポで撮ったことによって考え過ぎなかったのが、ドキュメンタリー感やリアリティーにつながったのかなとも思います。すべてが新鮮で、撮っていて楽しくて、本当に目まぐるしく幸せな時間でした。

オフの一番の思い出は“焼き肉大会”!

撮影期間の中日くらいに、中打ち上げ的に藤井君、濱田君、吉田君、僕の4人で焼き肉を食べに行きました。

会計の時にドラマがあって、最初、吉田君は最年長なので「なかなかごちそうになるもの…」と言っていて。僕も、のこのこついていっておごっていただくのも気が引けて「いや、あの…」となっていたんですけど、藤井君、濱田君が「いや、もうそこは主演の顔立ててーや!」と支払いをしてくれたんです。座長らしくてめっちゃ格好よかったです。

そしたら、吉田君は「ごちそうさまです! 僕は年下におごられるの大好きなんスよ!」ってキレイな90度のお辞儀をして(笑)。「いや、おかしいやん!」と2人がツッコむ、みたいなやりとりがありました。

焼き肉を食べている間、前半は、藤井君と濱田君と僕の3人で「どんな映画が好きか」とか「アメコミだと何が好きか」とかの話をしていて、吉田君は全然話に入らずずっと食べたり飲んだりしてたんです。そして後半から「ほんま吉田君は面白い」という話を3人でしていたんだけど、後日、吉田君が「ごめんね~」って言って来たんです。

「どうしたんですか?」と聞いたら、「ご飯の時さ、みんなで、僕を最後に盛り上げてくれたから。気遣ってもらっちゃって、ごめんね」って(笑)。

全然そんなつもりなかったのに、「そういう空気を感じてたんや」と思いました。吉田君の、そのズレている視点がいっつも面白くて。ツッコミとボケが全員で入れ替わる現場で、にぎやかだし、楽しかったです。

社会人になったら4人の結束はどうなる!?

4人の共通の想いなんですけど、もっとじろうさんの脚本を読みたくて、「『卒業バカメンタリー』の続編で『新卒バカメンタリー』にならないかな?」みたいなことを冗談で話したことがありました。社会人になったガク、マオ、ジュン、コウキってどうなるのか気になりますよね。

みんな頭が良いので、卒業したら、きっとそれなりの堅い会社に勤めたり、研究所とかに所属したりして、バラバラに歩み始めるわけじゃないですか。でもやっぱりあの4人が持っている独特の空気感で、進んだ先でも浮きそうですよね(笑)。

だから、4人だけの集まりがエスケープゾーンというか、離れたことによってより結束するような気がするんです。

そして、お酒を飲みながら「最近あの子がかわいくて」とくだを巻くみたいな、またそういうことを続けていると思うんです。

その時、誰かに「イイことあった」ってなったら、ガクの鼻血も止まらへんし、「いやそれはダメだよ」っていうマオの本気のお叱りがあったり……。そんなお祭り騒ぎを想像するだけで面白いですよね。社会人だから格好つけて飲むのかな。みんな、めっちゃ酒に弱いから、すぐ酔うし、すぐ寝るんだろうけど(笑)。

誰が最初に“卒業”するか、予想してみてください!

毎週ドラマを見てくださっている皆さんは「誰が最初に“卒業”するんだろう」というのが気になっていると思います。最終回は、誰っていうのを決めて、その人に感情移入しながら見てもらえると、より楽しめると思います。

あそこまで応援できる登場人物ってなかなかいないと思うんですよ。主人公がキラキラしている作品が多い中で、あんなかわいらしくて、おぼつかなくて、たまに頑張っていて、キュンキュンする4人。

その中から誰か一人を決めてそいつを推してあげたら、一緒に感動してもらえる最後になっているんじゃないかな。どの人の視点で見ても面白いと思うので、オンエア前に予想してみてください!

僕の推しメンですか? そりゃ、もうコウキですよ! 男として、コミュニケーション能力が高いし、鼻血も出ないし、重い人でもないし、発想が斜め上でもないし、一番オススメです。

大学生時代って、モテる奴の転換期だと思っていて。高校までってやっぱり格好いいとか、足が速いとか、勉強できるとか、ってことやと思うんですけど、大学生はそこじゃなくなってくる。面白いとか楽しいとかコミュニケーション能力が重視され始めるところだと思うので、“リアル大学生”の僕としてはコウキに「行け! 行け!」とエールを送ります。

コウキ派になってもらえたら、夢がありますよ。下克上の一歩手前っていうか、万馬券を狙っていくギャンブル感があって、「自分も頑張ってみようかな」って勇気が湧いてくるはず。世の中、往々にしてコウキみたいなキャラが一発逆転することはありますから。

ガクやマオはなんだかんだ言って格好いいんですよ。どう考えても、負けるんですよ、やっぱり (笑)。コウキ派の皆さん、応援よろしくお願いしますね!

最終話はハラハラ感を楽しんで!

いよいよ最終回が放送されます。卒業が近づいていく中で、話数を重ねるごとに主人公たちの心の焦りのスピード感が増していましたが、「期日は明日!」となることでそのハラハラ感はさらに加速していきます。

見ている皆さんも推している人を近くでのぞき見しているような感覚で、恥ずかしがらずに素直に一緒にハラハラしてください。

なんならもうVRで見てもらいたいぐらい! それぐらいの距離感で親しみを持って、最後まで応援してあげてもらえたらなっていう風に思います。

4回にわたってお送りした「バカメン日誌」を読んでいただきありがとうございました。ドラマの最終回、見て損はさせません。じろうさんが描いた4人の結末を、ぜひ見届けてください!

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です