「ファンタジースプリングス」東京ディズニーシーの新エリア名

東京ディズニーシーの新テーマポートの名称発表セレモニーが行われ、記念撮影に応じるオリエンタルランドの加賀見俊夫会長(右から2人目)やウォルト・ディズニー・カンパニーのロバート・A・アイガーCEO(左から2人目)ら関係者とミッキーマウス、ミニーマウス=21日午前、千葉県浦安市

 

 東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)を運営するオリエンタルランドは21日、開発中の東京ディズニーシー(TDS)新エリアの名称を「ファンタジースプリングス」とすると発表した。TDRの追加投資として過去最大の約2500億円を投じ、令和4(2022)年度の開業を目指す大規模プロジェクトだ。

 同日の起工式後の記者会見には、オリエンタルランドの加賀見俊夫会長兼最高経営責任者(CEO)や、ウォルト・ディズニー・カンパニーのロバート・A・アイガー会長兼CEOも出席。加賀見氏は「新たなファンタジー空間が加わることで、新しい体験を提供できる」と述べた。

 TDS8番目となる新エリアのファンタジースプリングスは、ディズニー映画の「アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」「ピーター・パン」を題材にした3つのエリアで構成され、4つのアトラクションのほか、レストランやショップ、ディズニーホテルが備わる。

結果にコミット プライベートジム【RIZAP】

最高級 お酒のお供!ツナ缶の極み 「オーシャンプリンセスツナ」

オルビスのスキンケア化粧品『オルビスユー』

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください