‪大仙陵古墳 「仁徳天皇陵」40メートル長かった

 

国内最大の古墳で、宮内庁が仁徳天皇陵として管理する大山古墳(堺市)の墳丘の全長が、5世紀の築造当初、少なくとも現在より約40メートルも長い525メートルはあったことが12日、同庁への取材で分かった。宮内庁書陵部が水に覆われた周濠部分の地形を初めて測量し、判明した。

486メートルとしている現在の全長は、大正時代の測量に基づく。約1600年の月日で堆積したヘドロの下には、さらに墳丘が広がっている可能性もある。周濠の水は築造当時はなかったか、水位が低かったとみられており、古代の人々が目にした本来の陵の威容は、世界文化遺産を目指す現在以上だったことになる。

また3重になっている周濠のうち、一番内側だけでも、標準的な25メートルプール700杯分に当たる約34万立方メートルの水があることも分かった。

調査は2016年12月に実施した。宮内庁は、将来的に周濠の水を全部抜き、浸食が続く墳丘の護岸工事をする方向で検討しており、排水計画を立てるため、ボートに載せた機器から音波やレーザーを発する方法で水面下の地形を調べ、水量も計測した。水に覆われた部分にも、墳丘の裾部分が広がることを確認した。

宮内庁が管理する陵墓は、一般の立ち入りが禁止されており、基本的には発掘などの調査も行われない。今回の調査について担当者は「仁徳陵は世界遺産登録に関係なく、天皇陵としても文化財としても非常に重要。今後も保全上必要な調査を実施する」としている。

周濠に水がある古墳の全長をどこで測るかは学術的な定義がなく、公式の全長を変更する予定はないという。

政府は今年1月、大山古墳を含む大阪府の「百舌鳥・古市古墳群」を世界文化遺産に推薦することを決め、来年夏の登録を目指している。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です